日本で就職するためのエンジニアに必要な準備・心得

 

日本は伝統文化が豊かな国で、世界でも技術が発展しているトップの国です。非常に見込みがある国で、多くの人に大きな就職機会を齎すと期待されています。また、日本で就職するエンジニアがますます増えています。日本はプロの職場環境があり、自らの能力に応じて給与を払われると共に福祉制度が素晴らしい、ベトナム人エンジニアだけでなく、他の複数の国からのエンジニアも日本で就職したがるようです。しかし、来日エンジニア採用プログラムに合格するためにはエンジニアに必要な条件を把握して、準備を整えなければなりません。

就職するために来日エンジニア採用プログラムに参加する条件は:

– 学歴

申し込みの専門分野において、国内の短期大学又は大学の卒業証明書を有する者。

– 健康

健康は当然出国する時に非常に大切で、海外の職場環境におけるプレッシャーに耐えられるようB型肝炎、HIV等に感染することはなく体が健康でなければなりません。

 外国語

就職のために来日するエンジニアの採用プログラムに従うと外国語に対する要件は高くない、日本語能力はN4さえであればいいです。もし日本語能力があれば合格の可能性が高くなります。当然、職場では自国語で会話をし、英語を使う機会が非常に少ない。

日本で就職するための心得・準備

-お金の準備

来日前、初日の生活及び支出が簡単になるように事前に両替したほうがいいです。節約するためには乾燥麺、缶詰、乾燥豚肉等持って行くとよい。理由は、日本の食べ物がかなり高く、日本料理が食べられない、念のためにベトナムから自分にあったものを持って行ったほうがいいです。

個人荷物の準備

冬物と夏物の衣類を準備します。日本の冬は非常に寒いから風を引かないように暖かい服、長ズボン、靴下等事前に準備しておきます。夏は季節及び通勤か遊び等の目的に応じて快適に過ごせる涼しい服装に変えます。

日本には主に公共交通機関又は歩行で移動するからスニーカーを持って行ったほうがいいです。日々使っているタオル、ブラシ、カミソリ等も持って行くべきです。腹痛薬、頭痛楽、胃腸薬等も忘れないようにしてください。きっといつか使うはずです。

資料及び電子品

携帯電話、充電池、パソコンの他に就職の助けに専門教科書、日本語学習のための教科書、疲れをとり、リラックスするための本又は漫画も持って行くべきです。アイロン、ドライヤー等電子品は日本で買ったほうがいい、値段が高くないし、質もいいからです。

書類準備

パスポート、航空券等書類は忘れないように、紛失しないように注意します。外国人にとってパスポートは命綱、パスポートを紛失したら本人の出入国を証明しようがないわけです。

オンラインアプリの検索・設定

他社携帯事業者へ掛ける通話料が非常に高くて家族や友達等直接話すことができるようにオンライン通話アプリを設定することで、通話料がかかることなく金額が減少できます。

皆さん、頑張ってくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です