テレビ、冷蔵庫、洗濯機、化粧品、美容器具など、ベトナムの各家庭には少なくとも1つは日本の製品があります。これはベトナムだけではなく、世界中で共通です。

ベトナムとほぼ同じ面積を持つ人口は約1億2500万人(ベトナムは9000万人)の小さな国の違いはどこにありますか。日本で働くためのエンジニアのプログラム-手頃な費用について、日の出株式会社と一緒に学びましょう。

地震、火山、津波があり、特に第二次世界大戦中に2つの原爆を受け、しかも70%の丘陵地帯がある小さな国がいかにして自然の厳しさと多くの困難を乗り超え、世界第3位の経済大国に成長することができたのでしょうか。

日本とベトナムの友好と協力の関係を拡大するうえで、日本政府は、あらゆる面でベトナム政府に多くの支援・投資政策を行っている。 その中に日本で働くベトナムの人材向けの教育と雇用政策を含める。

日本は世界有数の工業生産力を持っていますが、現在の発展と共にこの国は高齢者人口の割合が増加しています。 一方、ベトナムの人口は、工業化-近代化への進展の過程でまだ若い国です(日本の1970年頃)。

以上の理由で、ベトナム人エンジニアの技術、専門スキルを向上させるために、我々、 日の出株式会社は、日系企業に働くベトナムの若手技術者に彼らの専門と願望に合う仕事仲介のプログラムを計画します。

電気、建設、情報など技術分野の専門学校・大学を卒業した学生が、日本でエンジニアになり、40~50百万ドン/月の高収入で、日本の技術のもとダイナミックにクリエイティブ、プロフェッショナルな環境で働くことができます。 働きながら訓練を受け、日本の工場でマネージャーになる機会もあります。また、永住ビザを取得することもでき、扶養妻、子供、家族を日本に連れていき、過ごす機会ももてます。

現在、日本で働くエンジニアを募集しています

日本で働くエンジニアの募集条件

  • 性別:男性、女性
  • 年齢:22歳〜35歳。
  • 身長:1m62、体重:50kg(男性)
  • 身長:1m55、体重:45kg(女性)
  • 学歴:専門学校卒業以上、専攻:機械工学、エレクトロニクス、デザイン、情報技術
  • 条件:仕事への情熱、勤勉
  • 日本語:仕事の必要に応じて、N4、N3、N2の資格を持っていれば、有利です。

日本で働くエンジニア募集内容:

  • エンジニア:100人
  • 職場:東京、千葉、横浜、名古屋、大阪
  • 産業:機械エンジニア、自動車メンテエンジニア、エレクトロニクスエンジニア、設計エンジニア、情報技術エンジニア。
  • 契約期間:毎年更新し、永続的に日本に滞在することができます。
  • 上級エンジニアレベル2(80点)で、1年後に永住権を付与される。上級エンジニアレベル1で3年後に永住権を付与される。永住権を取得後、 日本に妻・子供と親・義理親を呼ぶことができる。

日本で働くエンジニアの給与制度

  • 給与:日本の労働法に基づいて計算された基本給:200,000〜250,000円(約4100万〜5100万VND)
  • 残業:日本の労働法に基づいて計算された残業代は、基本給与の150%)
  • 労働時間:8:00〜17:00(休息60分) – 1日8時間
  • 休日:毎週の土曜日、日曜日、日本の伝統的な祝日(希望と登録であれば残業あり)

日本で働くエンジニア申込み手続き

  • IT、電気工学、設計、機械分野の専門学校・大学の卒業証明書
  • 日本語能力の証明書:N3(JLPT、NATTEST、TOP-J)

日本で働くエンジニアの試験形式

  • インタビュー/面接
  • IQテスト
  • 書類選考

申込締切日: 2017/08/30