日本で働くエンジニアの長期在留チャンス

日本で働くエンジニアの長期在留チャンス
Rate this post

2017年初頭に新聞各種は日本が世界中の人材の雇用を強化していると一斉に報道している、永住許可申請までの在留期間を1年に短縮することが検討され、日本に憧れている人にとって長期在留のチャンスだと思っている。

地震・津波・火山など災害の被害を負担しなければならないけれど日本は世界で3番目に強力な経済を誇っており、寿司や日本製の耐久財だけでなく民族の精神についても世界に認知される。日本人には気配りと工夫がある。日本に行くと、綺麗に刻印されているマンホール蓋があり、それだけでも日本人の工夫が見える。工夫するだけではなく仕事の効率性も知られるところである。福岡市が約14メートルの深い穴の修復を完了するのにわずか2日でし終えたとき、世界中がすごく驚いた。日本製の家具家電がどのぐらい長持ちするか考えれば日本人の器用さがわかるでしょうね。日本人と一緒に働けば、暮らしのすばらしいこと・仕事のやり方が勉強になると思います。

日本は世界で住みやすいランキング上位にある。日本は災害の多い地帯に位置し、Jアラートの全国瞬時警報システムを備えている。自然災害、災害、テロ、戦争の影響を受ける地域に住んでいる住民が J-Alert から携帯電話のメセッジを通じて出来るだけ早く通知・警告されている。

なお、日本には通年に祭りがおおく行われる。さらに、通常の日々、日本人は体育活動と同じように団結活動をしている。学校と企業は連帯を強化し、人々は健康の改善するための運動で新しい一日をスタートする。この日にスタッフ・社員が家族や友人と一緒に休む時間を増やすために、毎月最終金曜日は「ノー残業デー」と呼ばれて、早く帰宅します。日本政府が仕事だけでなく休暇制度にも関心を示している。そのため、訪日観光客が帰国すると「母国が日本のようになりたいなあ」という考えがある。従って、日本に住みたい人も増加している。

では、日本では安定的に働け、家族と暮らせるようになるにはどんな資格で日本へ行けはいいか?

エンジニアとして日本に行くことのメリット

今、大学を卒業したエンジニアが日本に多く行って働いている。一方、能力・知識・経験および日本語能力といった厳しい条件で大変な道だと感じる人々もいっぱいいる。しかし、長期的に考えれば、多くの実用な利点を齎せる道だと思っている。

とりあえず、日本で働くエンジニアは東京・大阪・千葉・横浜・名古屋などの大都市で働くチャンスがある。これらは先進の都市で安全・健康・インフラなどの基本基準が他の地域より高いと評価されている。自然災害の問題がいつも注目され、日本政府のJAlertシステムが早く警告するので日本で働くエンジニアは安心で、心配がいらない。

もう1つのエンジニアの魅力が給料である。エンジニアの基本給は労働法によって規定され、つまり、外国人のエンジニアは日本人と同じように扱われることである。基本給が20万~25万円(0.40~ 0.51億ドンに相当)。残業をした場合、日本で働くエンジニアの給与は、労働規定によって基本給与の150%で計算される。残業についての強制がない。もしエンジニアが残業を申請する場合は残業を許可し、残業代が加算される。

エンジニアを求める業界も多様である。現在、主にメカニック(機械工学、電気工学、電子工学)、情報技術、化学技術、食品技術、農業、建設、繊維などの業務である。学士たちが適合な応募業務を見つけやすい。働くだけでなく、エンジニアたちが更なる能力を養うことができるように働き、より多くの実践体験を学び、育成を手助けする。 仕事に良いパフォーマンスがある場合は、昇進の機会・給与増加だけでなく、さらに数年間働くために契約を延長される可能性がある。

エンジニアが面接に合格すれば、早く日本に行ける。 日本人は時間と有効性を重視するので、手続き完了を待たなければならない場合は、最大3ヶ月かかるが。

日本で働くエンジニアの応募条件

  • 性別:男・女
  • 年齢:22~27歳が優先になる。この年齢以内であれば、採用率がより高い。しかし、能力・知識・経験・日本語も検討するのでこういう年齢以外の人々もチャンスがまだ多い。
  • 知識レベル:専攻短期大学・専攻大学卒業
  • 日本語能力:業務によって違うけど一般的に日本人がスムーズにコミュニケーションしたいのでN4, N3, N2 の資格があれば、合格率がより高い。

雇用形式

  • 面接
  • IQテスト
  • 書類審査

日本における永住のチャンス

日本は、急成長を遂げ経済及び技術的に最も先進的な先端国であるけれど高齢化の問題を抱えている。そのため、日本は人材不足の状態にある。

そのために、日本では仕事および勉強狙いで世界中の若い人材を求めている。日本のエンジニアの待遇制度に魅力があると評価されている。中でも永住のチャンスは人材募集に、好意的な制度だと見なされている。新聞の通りに「日本は才能を購入するために永住権を売る」と見なされている。

以前は、外国人に対して、日本は永住許可申請までの在留期間が10年だった。 しかし、「高質人材」と呼ばれる外国人に対しての在留期間が3年に短縮された。 「特別な高質人材」であれば、この期間が1年に短縮される。 これは、永住したい外国人に対して世界で最短の期間である。 もちろん、「通常の質の人材」は、永住許可申請までの在留期間は10年のままである。

日本における人材分類の仕方

日本の「高質人材」は、教育、年齢、年収、日本語能力、就業歴、およびいくつかの指標によって分類される。

分類 指標は点数で変更される。 例えば:

学歴

  • 博士号有り:30点
  • 修士号有り:20点
  • 学士号有り:10点

作業時間

  • 10年以上:20点;
  • 7年以上:15点;
  • 5年以上:10点;
  • 3年以上:5点

年収(1年間で300万円以上でなければならない):場合によって10~40点

「高質人材」の年齢

  • 29歳未満:15点
  • 30~34歳:10点
  • 35~39歳:5点
  • 他の指標

全ての指標の総点によって「高質人材」が分類できる。

総点が70点以上であれば「高質人材」と呼ばれ、在留の3年後に永住権申請できる。80点以上であれば、「特別な高質人材」と呼ばれ、1年後に永住権の申請ができる、

70点未満であれば「通常の質の人材」で、10年後に永住権が申請できる。

親類縁者を連帯保証人になるチャンス

日本で働くエンジニアは、日本の「高品質な人材」として、財産を証明した後、妻や子供を呼ぶことができる。また、子どもの世話をするために親や彼女の両親を呼び、一緒に暮らすこともできる。あるいは、ホームヘルパーを雇い、保証し、仕事に行く時に子供たちを世話することができる。その時、家族の親戚が「高品質の人材」の体制の下、日本の保険制度と他の福祉制度を受けることができる。 特に、保証後の子供は住民のように学校に通うことができる。 日本の教育では、「高品質の人材」の世代が増えることは確かである。

それでわかるように、日本政府は才能のある人には理想的な国に変身している。 ですから、この美しい国を経験するために日本に就職することを躊躇しないでください。

Bình luận

bình luận