日本語五十音表の効果的な学習法

日本語五十音表の効果的な学習法
Rate this post

新しい言語を学び始める時には、一番大切なことは基礎から始めることです。木のように、木の根元が元気であれば、元気であるほど後はそのままに大きくなって成長しつづけています。日本語の初心者たちは、最初から堅固な基礎を作る必要があります。日本語の場合は、その基礎は日本語五十音です。多くの学習者は「日本語が、難しいと感じる」のような印象を持っています。それで、Hinodeは、日本語の五十音である最初の基礎を越えるための小さなコツをご紹介いたします。

日本語五十音の学習方法

まずは、五十音表の勉強時間を短縮するため、自分に最適な学習法を作るほうがいいとおもいます。どうのような学習方法や学習スケジュールを立てますか考えてください。

  • 日本語五十音表の学習方法:初めて日本語の文字を学習する方は仮名の姿を暗記してそれから発音を学んでください。日本語の学習には、正しく発音することはとても大切です。ちょっと間違えると意味が変わってくる単語もあるので、注意が必要です。次は、文字の書き方を練習しましょう。日本語の文字は書き順がありますよ。仮名は、1画や2、3画の等の画数があります。書く時、勝手に書かずに、その画順を把握し、守ってください。そのようなルール通り少しずつ学ぶと、必ず五十音表を速くて長く覚えることができます。
  • いつでもどこでも日本語学習:真面目で毎日練習して自分に最適な暗記方法を使用するだけで良い。いつでもどこでも練習しましょう。例えば、バスで移動中や食器を洗う時、又は家事をするときも学んだ仮名の発音、書き方について考えてください。そうすれば、五十音表を速く暗記することができます。
  • 初めて日本語の文字を学習する時、いつも五十音表を身につけてください。もし、勉強した文字を忘れたらすぐにチェックして復習することができます。カード用紙で小さい46枚を切って、そのカードの表と裏に平仮名とカタカナを書いて、それからいつも身につけます。人間は認識力と記憶力が強いので、この方法によって五十音表が覚えやすくなります。
  • もう一つの方法は歌で勉強することです。インターネットで字幕付きの歌を検索して、聞きながら歌ってください。これは文字を覚えるためのいい方法と思っております。

日本語文字体系の学習順位

  • 平仮名:現在の日本の学校教育では、文字の中では平仮名が最初に教えられます。
  • カタカナ:外来語や借用語を日本語で表記するための仮名です。
  • 漢字(万葉仮名):日本語を学習する方に対して、文字体系の中で一番難しい文字です。漢字は象形文字なので、勉強する時には、真面目に多くの時間を費やす必要があります。
  • まずは、ひらがなとカタカナの2つ仮名から始めて、次は、漢字を少しずつ勉強してください。そうのようなルーる通り進むと、がっかり感じなくて日本語の勉強も簡単になるではないでしょうか。

Bình luận

bình luận